TOP

クレジットカード現金化さえできれば、もう何も怖いものはない!

クレジットカード現金化で求められていること

簡単な手法で現金を手に出来るクレジットカード現金化ですが、クレジットカード現金化の本当の目的は現金を手に出来る点ではなく、「現金が手に入らない人が手に入れられる」という点にあるのです。クレジットカード現金化と、現金をすぐに借りられるキャッシング。しばし比べられることもある両者ですが、クレジットカード現金化を行おうと思っている人の多くはキャッシングが出来ない状況に陥っているのです。キャッシング出来るのであればキャッシングをするものの、キャッシングそのものが出来ない状況にあるからこそ、現金を手に出来る手法を求めているのです。そこでクレジットカード現金化です。キャッシング枠は元かいなものの、ショッピング枠に関してはまだまだ余裕があるという人はとても多く、そのような人にとってはクレジットカード現金化は余っているもので現金を手に出来る貴重な手法でもあるのです。それだけに現金を得られる貴重な手法として求められているのです。

クレジットカード現金化は何にこだわるの?

クレジットカード現金化を行うのであれば、やはり還元率です。クレジットカード現金化は、行為そのものだけで考えるととても簡単なものです。ショッピング枠を使って物を購入する。誰もが日常的に行っているものかと思いますが、その後購入した物を売る。それによって現金を得るというだけのものであって、そもそも難しいものではありません。ですが還元率によって損得が決まると言っても良いでしょう。例えば10,000円で物を購入する。つまりショッピング枠を10,000円分消費したことになりますが、そこで購入したものをいくらで売るか。9,800円で売れれば還元率はおよそ98%ですが7,000円で売れた場合は還元率は70%です。2,800円もの差が生じることになりますので、クレジットカード現金化を行うのであれば還元率にはこだわるべきです。むしろ還元率以外の部分でこだわる部分がないだけに、クレジットカード現金化の肝と言えるでしょう。


クレジットカード現金化の難しい所

クレジットカード現金化はとても簡単と言われていますが、実際難しい部分はないのかといえば、やはり還元率です。決して難しいものではないのは確かです。クレジットカード現金化そのものだけで考えると決して難しいものではありませんが、より多くの現金をと考えた時、つまりは高い還元率を得たいと思ったらそれなりにいろいろと考えなければならない点が多いのも事実です。ショッピング枠で物を購入して売る。クレジットカード現金化を端的に言えばこれだけのことになるのですが、では何を売ると良いのか。どのようなものを売れば高い還元率になるのかを考えると少々難しい部分も出てくるでしょう。出来ればショッピング枠を無駄にしたくないとは誰もが思っていることです。ですが何が高く売れるのかは蓋を開けてみなければわからない部分もあれば、流行等によっても左右されますので、いろいろな部分に対してアンテナを立てておかなければならないものなのです。
電卓を持つスーツの男性

クレジットカードはポイントが重要

よりお得にクレジットカードを利用するのであればポイントの還元率にこだわるべきなのは言うまでもありません。むしろ昨今はクレジットカードはポイント還元率こそクレジットカードとしての魅力になっているのです。ポイント還元率の違いこそクレジットカードの個性の違いでもありますし、還元率は多種多様です。特定のジャンルに強い物もあれば、全体的に還元率が良いものもあります。無料と有料のクレジットカードがありますが、基本的には有料のクレジットカードの方がポイント還元率は高いです。お金をかけて入会しているので当然ですが、だからといって自分自身のライフスタイル等を吟味した時、無料の方が得をしているケースとて十分に考えられるでしょう。そのため、クレジットカードを考えるのであればポイントの還元率こそ実はとても大切なものだという事は理解しておいた方が良いのです。この部分こそ、クレジットカード選びにおける何より重要な部分なのです。

クレジットカードと消費者金融のキャッシングの違い

クレジットカードと消費者金融。双方共にキャッシングが利用出来ますが、何方の方が良いのかといえば、特に差はありません。クレジットカードのキャッシングも消費者金融のキャッシングもATMから気軽に現金を借りれるサービスになりますが、強いて違いがあるとすれば金利です。金利に関してはどうしても違いがありますが、一般的には消費者金融の方が金利が高いです。信販会社のキャッシングの方が金利は低めに設定されていますし、更にはクレジットカードのキャッシングの場合、ポイントが付帯される所も多いのでポイント等まで含めて考えるとクレジットカードでのキャッシングの方が断然お得でしょう。ですがクレジットカードでキャッシングすると、ショッピングとキャッシングが別枠になりますので、返済も二つになりますので、返済額が少々想定したものよりも高くなってしまったというケースもあるようです。この点だけは気を付けなければならない部分です。